おいしいコーヒーの作り方 | 豆の選び方、入れ方、飲み方

おいしいコーヒーを飲む、または入れてあげるために、知っておきたいことがあります。

*

レクタングル大

NHKあさイチでコーヒー特集 | 女性のためのコーヒー学

   

NHK平日の8:15から放送されている「あさイチは」は
人気のある番組です。
2012年10月15日(月)には、「もう一杯飲みたくなる! 女性のためのコーヒー学」
という特集が組まれていました。

きちんとした疫学調査の結果を踏まえて、
コーヒーの健康効果について時間を取って扱っていました。

専門家ゲストとして招かれた野田さんは、慎重に言葉を選びながら
説明していました。
「調査結果によると、コーヒーを飲んでいる人たちのグループからは、
病気になる人が少なかった」
というパターンです。

司会のいのっち(井ノ原快彦)が、「病気を予防できるということですか?」
と問いかけても、
「予防という言葉は適切でない」というような返答をしていました。
ちょっとじれったかったです。
いのっちは、途中いらいらしていたような感じがしました。

ああ、すっきりしたということにはなりませんでしたが、
コーヒーやその主成分のカフェインにも、いい面があるということは、
伝えてくれたと思います。

伝説の達人、田口護氏については、私も「田口護の珈琲大全」という本を持っていますし、
知っていました。
以前、カフェバッハにも行ったことがあります。

その達人の入れ方の指導で、気になったのは、湯の温度です。
「82~85℃、香りを楽しみたい方は90度くらいでもいい」ということでした。

温度を下げるほど、豆から抽出される成分は減ります。
湯温を下げて、おいしくない成分を押さえようとしているのだと思います。

はっきり言って、質のいい豆を使うとしたら、
お湯の温度は高い方がいいと私は考えます

そこは、ちょっと古いのかなと感じました。


特集のメニューは次のとおりでした
(1)コーヒーを飲めばきれいになる?(コーヒーポリフェノールがシミを予防)

(2)世界から朗報!コーヒーの健康効果(疫学調査で分かったコーヒーのすごさ)

(3)カフェインで糖尿病をブロック

(4)街で聞いたコーヒーの疑問・質問

(5)達人直伝!ここを直せば”プロの味”

●野田光彦さんが語る コーヒーを控えた方がよい方
●伝説のコーヒーの達人 田口護さん直伝 コーヒー豆知識

途中、バリスタチャンピオン、大澤さん(小川珈琲所属)の実演や、コメントもありました。


専門家ゲスト:野田光彦さん(国立国際医療研究センター病院 糖尿病研究部長)
       著書に『コーヒーの医学』(日本評論社出版)

ゲスト:水道橋博士さん(タレント)、山口もえさん(タレント)
    大澤直子さん(バリスタ、2年連続ジャパンラテアートCSチャンピオン)

リポーター:山田大樹アナウンサー

 - 話題としてのコーヒー