おいしいコーヒーの作り方 | 豆の選び方、入れ方、飲み方

おいしいコーヒーを飲む、または入れてあげるために、知っておきたいことがあります。

*

レクタングル大

UCCコーヒー博物館はおもしろそう

   

2014年1月23日(木)のテレビ東京「WBS」という番組で、
UCCコーヒー博物館を取り上げていました。

企業が、新しい博物館を作り始めているということの一つの例でした。

UCCコーヒー博物館も最近リニューアルしたと言うことです。
その博物館で人気を集めているのは、
新たに設けられた「体験コーナー」だそうです。

コーヒーの焙煎を体験できます。
参加費1000円。焙煎した豆はお土産にできます。

映像を見ると、なんと参加者はみんな「手網」を振っているではありませんか。

熱源はガスだと思われます。
チャフを受け止めるように、ボウル状になっています。
なるほど、これなら掃除も楽そうです。

10分から15分、網を振り、自分だけのコーヒーを作ることができる、
と説明されていました。

参加していた男性は、
「楽しいですけど、大変です。」と言っていました。

振り方の指導はきっと、軽くはされたのでしょうが、
その男性は、片手でなんとなく振っていました。

煙は見当たりませんでした。
深いところまでは、焙煎をさせないのかもしれません。
(こげると、飲めなくなってしまいますからね。)

初めて、焙煎をしてまめの変化を確かめることができたなら、
興味深いと思います。
それを飲むときにはまた、格別です。

飲み比べコーナーもあるそうです。

同じ豆でも、挽き方によっても味は違うと言うことが確かめられるそうです。
粗挽きと細挽きで飲み比べ。
コーヒーの奥深さを知ってもらうという狙いだそうです。

コンビニがコーヒーに力を入れて、大ヒットをさせたことで
UCCも危機感を持って、対策を立ててきたということでしょう。

ブランド価値と高める努力を重ねていくということだと思います。

館長さんいわく
「運営するのは大変ですけど、その分、差別化できていると思う。」

一度この博物館に行って、
「手網はこう振るんだ!」とやって見せたいなと思いました。

<参考>
WBS「変わる企業博物館」進藤キャスターの取材後記

 - 話題としてのコーヒー