おいしいコーヒーの作り方 | 豆の選び方、入れ方、飲み方

おいしいコーヒーを飲む、または入れてあげるために、知っておきたいことがあります。

*

当サイトの管理人 master K の自己紹介

ようこそ
「おいしいコーヒーの作り方|豆の選び方、入れ方、飲み方」へ

当サイト運営者、”master K”と申します。
アラフィフの勤め人です。(コーヒー業界の人間ではありません。)

今から20年近く前、Windows95によってネットの世界に足を踏み入れました。

すぐにパソコン通信をやるようになりました。
子育てフォーラムなどで、ずいぶんと助けられました。

そのあと、コーヒーに関するフォーラムにも参加するようになり、
一気にコーヒーの世界にのめりこみました。
自宅で焙煎できるということを知り、夢中になりました。
それから、15年目。
毎週末、欠かすことなく手網で焙煎をしています。
右手の親指を骨折したときも、ギプスをしたまま焙煎しました。
私にしてみれば「ご飯を食べるのと同じ」なんです。

今では、自分で飲むコーヒーのほとんどは、自分で焙煎した豆です。
(年に何度かスターバックスだとか、専門店の豆を買います。)

知人、友人など多くの人にも飲んでもらってきました。
知り合いのコーヒー豆屋さんにも、送りつけて試飲してもらうことがあります。
この時は、厳しいご指摘があったりします。
焙煎を極めようとすれば、抽出方法を安定させなければなりません。
抽出が一定だからこそ、今回の焙煎が良かったとか悪かったとか判断できます。

実は、焙煎と抽出が安定して初めて、豆のよしあしが言えるようになります。

こんな風に、
焙煎を通して、コーヒーについて深く学び、考えてきました。
自分の店を持っていない、いわば素人であるためにかえって、
先入観にとらわれず、
いろんなことを試すことができてきたのではないかと思います。
これまで同僚や友人などから質問されてきたことなどを
共有できたらいいなと思って、このブログをスターとさせました。

コーヒーにまつわる、知りたいこと、気になることに
全力で対応していきたいと思います。

お気軽に、コメント・メールなどいただければうれしいです。

master Kにメールを出してみる

よろしくお願いします。

公開日:
最終更新日:2012/12/21