おいしいコーヒーの作り方 | 豆の選び方、入れ方、飲み方

おいしいコーヒーを飲む、または入れてあげるために、知っておきたいことがあります。

*

レクタングル大

直火式エスプレッソメーカーの使い方 | 自宅で濃いコーヒーを飲みたい

      2014/04/24

何年も前に購入して、使わなくなっていた、直火式エスプレッソメーカー。
知人が、「自宅でも濃いコーヒーが飲みたいんですが、、、」と相談を受けたので
戸棚の奥から引っ張り出しました。
CIMG0450

左が【上部ポット】、右が【下部ポット】、真ん中が【フィルター】
構造はシンプルですね。

以前使ったときは、「あまりおいしくないし、後始末が面倒だ」と感じました。
水や粉の分量などを忘れてしまったので、ネットで検索。
その情報を総合すると、
①日本では「直火式エスプレッソマシーン」と呼んでいるが、
本場イタリアではこれで入れたコーヒーをエスプレッソとは呼ばないらしい。
「モカコーヒー」、略して「モカ」と言う。
エスプレッソとは別物の「濃いコーヒー」つくる道具と考えたほうがよさそう。
※イタリアでの器具の呼び方は「マキネッタ

②マキネッタは、サイズが豊富。入れる量によって器具を変えるのが基本。
アマゾンでも1cup用から6cup用まで数種類ありました。

③器具にあわせた水の量、豆の量を使えば失敗は少ない!
1cupあたり 水は60cc 豆は6g が標準的

CIMG0451

まず、下部ポットに水を入れます。ラインが付いていればそこまで。
付いていなければ、バルブの下が目安。(メジャーで測ると安心。60cc×杯数)
我が家のはラインが付いていました。水を入れたところです。
これは3cup用です。(ラインまで入れると180ccでした)

CIMG0454CIMG0455

右は下部ポットにフィルターをセットしたところ。
右は細かく引いた深煎りの豆。ミルの設定=一番細かく=パウダー状態です。
(セットする前に、フィルターをコップなどに置いて豆を入れたほうが良かった。
豆を入れた後、とんとんとテーブルにたたいてならすのがいいです。
下部ポットにセットしてしまうと、それが出来ません。)

 

CIMG0456

とんとん出来なかったので、スプーンでならしました。
あまり力を入れて固めないほうがいいようです。
フィルターに入った豆は18gでした。
いちいち重さはかりなどで測らなくてもいいことを改めて確認。

 

CIMG0458

上部ポットをセットして火にかけます。
必要に応じて、網を使いましょう。
火加減は試行錯誤が必要だと思います。
基本は炎が下部ポットからはみ出さない程度。ゆっくり抽出がよさそう。

CIMG0459CIMG0462

下部ポットの水が沸騰して、コーヒー豆の層を通って上部ポットに吹き上がります。
3分でコーヒー液がたまり始めました。
ここでちょっとしたトラブル。
空焚き防止装置?が働き、アラームがなって火が消えました。
沸いている途中ですが、仕方が無い。一呼吸おいて再点火。
また、アラーム。
これを何度か繰り返しました。

「もう少しだから、この状態でなんとか乗り切ろう」と思い込んでしまい、
他の場所に移すことが出来ませんでした。

次回やるときは、
カセットコンロをテーブルの上に置き、それを使おうかなと思いました。

沸き始めてから終了まで5分程度かかりました。
下の水がなくなる直前には、それまでとは違うごぼっという音がします。
その後静かになりますので、そこで火を止めます。
うっかり加熱を続けると、煮詰まってしまいます。

 

CIMG0465

濃いコーヒーの出来上がり。
ミルクとの相性がばっちり。
近年、イギリスではこのモカコーヒーを同量のお湯で割る飲み方が定番だとか。
深煎りコーヒーの味わい。
私もやってみましたが、「うまーい!」
後味がすっきりの、ストロングコーヒーです。
今度、誰かに飲ませてあげようと、心に決めました。

 

CIMG0469CIMG0470

上部ポットをはずしたところ コーヒー豆が固まっています。処理しやすい。

 

CIMG0473

 

 

 

 

 

 

固まった豆を崩すとポロポロと崩れます。
「燃やせるごみ」へ。
フィルターに残ったのは、ほんの少し。
三角コーナーの上で、水洗いすれば、すぐにきれいになりました。

このマキネッタ、使い込むほどによくなるという器具らしい。
水洗いが基本とどこかに書いてありました。
というわけで、上部ポットも、下部ポットも洗剤をつけずに、たわしで洗って終了。

素人にとっては、後始末がとても大事な問題。
このマキネッタは、豆の始末が楽でとても気に入りました。

戸棚の奥に放置していた、日本で言うところの「直火式エスプレッソマシーン」
(本当は「マキネッタ」)を、思い出させてくれた、友人に大感謝です。

器具はそれほど高価でもないし、使い方も簡単。後始末も楽。
問題は、豆の粉
豆は細かく挽かないと、おいしくなりません。
・エスプレッソ用の挽いてある豆を購入する=問題は鮮度の維持
・挽いてくれるところで購入。エスプレッソ用に挽いてもらう=少量ずつがオススメ。
・ミルを調整して細かく挽く。=手動だと調整が面倒。電動のいいミルが欲しくなります。

実際に豆のひき方でどのくらい変わってくるのか、試してみたと思っています。
その時にはまた、記事にする予定です。

 - 入れ方