おいしいコーヒーの作り方 | 豆の選び方、入れ方、飲み方

おいしいコーヒーを飲む、または入れてあげるために、知っておきたいことがあります。

*

レクタングル大

コーヒー豆はどうやって保存するか? | 劣化を防ぎたい

   

「コーヒー豆は、生野菜のようなもの」
「挽いた豆は、割った生卵のようなもの」
などとたとえられます。

空気に触れることで、酸化していくので
(1)密閉すること
また、
(2)熱を避ける
(3)光を避ける
(4)湿気を避ける
ということがポイントになります。

●1週間程度で飲みきる分は・・・【短期保存】
キャニスター・タッパー容器など密閉できる容器に入れて、常温で保存。
豆が入っていた袋のままでも大丈夫ですが、口はしっかりと閉じてください。
扱いやすさを考えれば、袋から移し変えたほうがいいと思います。

茶筒だと、密閉性が弱いですが、
袋に入れたままで口が密閉されていない状態よりはいいと思います。

光の当たらない場所におきましょう。

毎日開け閉めする容器を冷蔵庫に入れるのはよくありません。
冷蔵庫から出してふたを開けるたびに結露が起こって、
豆に余計な水分がつきます。
このことで、常温で置くことよりも、状態を悪くします。

●3週間以上後に飲みはじめるつもり・・・【長期保存】
できるだけ密閉度の高いタッパー容器やシール付きの袋に入れて、冷凍庫へ。
量が多い場合は、1週間分ずつに小分けしたほうが良いです。
1週間分ずつ解凍して飲んでいくということですね。
冷凍すれば常温に放置するよりもちますが、
経験的に3ヶ月程度が限界だと思います。

密閉状態のまま常温にもどし、自然解凍させます。
あわてて開けてしまうと、豆の表面に結露します。
また、
豆が冷たすぎると、入れるときに抽出温度が下がってしまい、
きちんと味が出ないということがあります。

例えば、、、、
スターバックス® クリスマス ブレンド250gのパックを
勤労感謝の日(11月23日)に買ってきたとします。

すぐ試してみたいけど、クリスマスの時期にも飲みたい。
という設定で、保存方法を考えて見ます。
1日2杯分コーヒーを入れる(16グラム程度使用)人は、
1週間で100~150グラムくらいは消費することになります。

すぐに飲み始める分、半分(125グラム)程度を
キャニスターかタッパー容器に移し変えます。
常温で、光の当たらないところにおきます。
毎日、楽しみましょう。早めに飲みきるのが賢いやり方です。

半分はクリスマス用に保存しましょう。(1ヵ月後に飲む予定)
スターバックスの袋はガスバリア性があるので、そのまま保存に使えます。
口を何度か織り込んで、マスキングテープやセロハンテープでしっかりと閉じます。
輪ゴムをまわしておくと確実ですね。
念のため、シール付きの袋(ジップロックなど)に入れます。
※シーラーなどを持っている場合は、もちろん活用してください。

冷凍庫へ入れます。
クリスマス前に解凍して、楽しみましょう。

※もし、スターバックスへ行くのに苦労しないのなら、
100グラム購入して楽しんでみて、気に入ったら、
クリスマス前にもう一度100グラム買いに行くというのが、
鮮度という点では理想的だと思います。

 - 豆の選び方・保存法