おいしいコーヒーの作り方 | 豆の選び方、入れ方、飲み方

おいしいコーヒーを飲む、または入れてあげるために、知っておきたいことがあります。

*

レクタングル大

コーヒーメーカーで1杯分をおいしく入れる方法

   

コーヒーメーカーでもおいしいコーヒーは入れられます。
豆と水の量をきちんと計量するなら、味の再現性は高いと思います。

ただし、お湯の温度が低い機械の場合は、
十分に味が出せないことがあります。
高い温度のお湯で抽出できるという性能には、こだわりたいところです。

コーヒーメーカの弱点は、1杯分だけ抽出すること。
コーヒーメーカーでは、抽出時間が早く、
どうしても薄くなりがちです。

そのための対処法を書きます。

(1)豆の量を増やす
コーヒー豆にお湯が触れて豆の成分が溶け出していきます。
お湯を注ぐスピードを変えられなくても、
豆の量を増やせば、落ちるまでにお湯が接触する豆が増えて、
濃くすることができます。

(2)しずくもれ防止機能を利用した裏技。
多くのコーヒーメーカーには、しずくもれ防止機能が付いています。
サーバーをはずすと、ストッパーが働いて、しずくが落ちてこないというもの。
それを活用します。

豆をセットして、水を入れ、サーバーをセットせずにスイッチオン。
お湯が注がれ、たまっていきます。
(注意)お湯の量が多すぎると、あふれてしまいます!!あくまで1杯分。

時間を見計らって、サーバーをセットすると、その時点から落ち始めます。
時間をかけて抽出することができますね。

ハンドドリップの時に行う蒸らし。
経験的に、コーヒーメーカーでは必要ないのではないかと思っています。
点滴のようなお湯の注ぎ方になるので、
一気にペーパーまでお湯がいくことはないようです。

どうしても気になるなら、
一度スイッチを入れて、少しお湯が落ちてからスイッチを切り、
時間をおいてまたスイッチを入れると、蒸らしができます。

(1)の逆で、3杯以上のときには時間がかかるので、抽出液が濃くなりがち。
2杯のときよりも、豆の量を少し減らしましょう。

 - 入れ方