おいしいコーヒーの作り方 | 豆の選び方、入れ方、飲み方

おいしいコーヒーを飲む、または入れてあげるために、知っておきたいことがあります。

*

レクタングル大

インスタントはドリップコーヒーの代用になるか? | 両者の違いは?

   

私は、
インスタントコーヒーと、ドリップコーヒーは
別な飲み物と考えたほうがいいと思っています。

おいしいインスタントコーヒーはあると思いますが、
それは、ドリップコーヒーと同じようなおいしさだとは言えません。

製法が違うわけで、
番茶と煎茶くらいの違いがあると、私は思います。

インスタントコーヒーは、工場で次のような工程でつくられます。
 生豆 → 焙煎 → 粉砕 → 圧力をかけて抽出(液体)
 → 乾燥(粉末) → 包装

●このコーヒー抽出液は、ドリップコーヒーとは違っているのではないか
と想像されます。

●コーヒー抽出液を「乾燥」するとき、当然、香りが失われます。
この乾燥の仕方には、2種類あります。、
(1)スプレードライ法
 高温の乾燥塔の中で、濃縮されたコーヒー液を霧状にして噴き出す。
 瞬間的に水分が蒸発して、細かい粉末状のコーヒーができる。
 (代表例:ネスレ「ネスカフェ エクセラ」、AGF「ブレンディ」等)

(2)フリーズドライ法
 濃縮されたコーヒー液を零下40度前後の低温で凍結させ、真空状態で昇華させる。
 大粒のコーヒーができる。
 この製法は低温処理のため、コーヒーのアロマがより良く保存される。
 (代表例:ネスレ「ネスカフェ ゴールドブレンド」、AGF「マキシム」等)

インスタントとドリップコーヒー
・インスタントコーヒーも原材料は100%コーヒー豆です。
・カフェインの量は、ドリップコーヒーのほうが多いようです。
(食品成分表を使って計算してみたところ、
カップ1杯でインスタント=0.016グラム、ドリップコーヒー=0.06グラムでした。)

もともとは同じコーヒー豆という植物からできた飲み物ですが、
香りや味わいはなかなか同じように話すことはできないと思います。

私の職場でも、ドリップコーヒーしか飲まない人と
インスタントしか飲まない人、両方が存在します。

私はほとんどドリップコーヒーですが、
たまにインスタントの香味焙煎を飲みます。

ドリップコーヒーが正当で、
インスタントはどこまでそれに近づけるかということだと、
まだまだ、その隔たりは大きいといわざるを得ません。

別な種類だと考えると、
最終的には、それぞれの好みだと思います。

 - インスタント・缶